性風俗 

性風俗が流行るのは、セックスが抑圧されているからだろう。なかったら、強姦が増えるだけだ。戦争は長期間、セックスできない状態になる。アストラル体が低次のため、制御できなくなる。強姦、性風俗が悪いとするのら、筆おろしや、離婚した女とのセックスをさせる。昔ながらの日本の風習に戻すべきである。キリスト教の概念で、貞操観念が入り込んだが、コントロールできないのら、いっそのこと、支配し、管理すればいい。支配することが必要ですか?と言われたが、為政者には不向きだろう。セックスレス、独身男性は、セックスするなてか。抑圧すれば、必ず、歪みが発生する。王の視点、君子論。どれもが、盤上の駒を動かすごとく、人身掌握をすることだ。宗教で、人は変わらない。為政者は、一件、冷酷な人間にみえるものほど優秀な人間だと私は思う。今の政治家はきれいごとばかり言うが、悪を駆使することで悪を除外をする手法もある。

スポンサーサイト

政治家2 

試験 政治家 で検索したら、やっぱり、同じことを考えている人もいるね。ただ、弁護士とは違うから、司法試験ではなく、学問を試験するのではなく、部門別に試験方法を判断したほうがいいと思うけど。石屋が、政治を選挙活動をしたのは、操りやすい社会を作るためだかろう。科学、民主主義、漫画、現在の地球の文化が石屋の活動において文明が作られている。ただ、支配し、管理された社会を作ろうとする根拠は理解できる。王の視点、私はこう名付けているのだが、為政者として優秀になると同じことを考える。ただ、理解はしなくていい。君子論、石屋、誰もが、同じことを考える。悪神。霊的には、優秀なのだが、2000年前から計画するには、計画自体潰すのは、容易い。艮の金神の正体は、太陽ロゴスとして、観察していたが、ようは、石屋が失敗した例を作ることで教訓としたいのだろう。艮は、ナザレのイエス、中国の老師、しか喋ってない。オーラが違う。火水伝文で、その気配を感じることはないだろうか?嫌な感じがするね…。ふーん。あの神々しいオーラを、閻魔や、死神を勘違いして。まあ、いいや。

政治家について 

政治家になるのに、なんで選挙方式なのだ?論文を書かせて、試験すればいいと思うのに。また、弟子制度下において、推薦上ではないのか?私が思うにわざと争うように、地球を舞台に石屋が仕掛けた。だからこそ、日月神示経由で避難される。しかし、石屋というより、ロゴスが地球人を実験をして、天使、人を操っているような気がする。神の学び舎。堕天使ね…。ルシフェル。誰も、疑問をもたない。悪と名付けられたら、悪とされる。反逆された父親、艮の金神。天界から、三分の一を引き連れて、神へと反逆した。此の方ですら、反省すらあったと日月の神は言っている。艮の金神が計画をしたが、地球人がここまで墜落すると思えなかったと思わなかったとだろうか。原初➡宇宙➡大陽 =艮。➡は息子です。ギリシャ神話。ウラノス➡クロノス➡ゼウス。カオスは、原初ではない気がする。神話が天使が与えたものなら…。ギリシャ神話で、ゼウスを中心に神話を形成されている。艮の金神、ゼウス。ゼウスと、クロノスの争い。艮の金神が父親と争い、地球を舞台に…、あ、そうか、…、艮が避難された訳をサナートクマラが霊界物語。艮の子供が争う。大陽系の惑星。これで、辻褄があう。

続きを読む

貴族の義務 

地球人は、まだ貴族社会のほうが良かったのではないかと思う。貴族には、貴族の義務がある。現在では民主主義だが、商人達の操りやすい社会。お金、学問、で地位を得た人間の社会図。貴族の中では、歴史上、為政者として優秀な人間がしばしば現れる。

子供 

子供は、母親のアストラル体か、父親の自我よりに生まれてくる。ヤクザや、強姦で、できた子供で善人が生まれてくる訳がここにある。クードフーミ大師は、強姦されて生まれてきた子供である。大半の人間は、わからないだろうが、性の秘密を知らないために、誤解を招く。忌み嫌う、愛人の子供、強姦されてできた子供。政治家というは、地獄、悪の道を歩んで、善へと扉を開くのかもしれない。