イエス・キリストに似ていると言われている名画 

イエス・キリストに似ていると言われている名画

jee_NEW.jpg

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

スポンサーサイト

トーマス・コールの美術 

トーマス・コール
 
1801年、イギリス ランカシャー州生まれ。1818年米国に渡り、
フィラデルフィア・アカデミーに学ぶ。当時、芸術、美術の分野では米国
の”独立"は未だ覚束ない時代にあって”アメリカ絵画"と呼ぶに
相応しいものを確立した最初の一人として記憶される。

彼は47年という短い生涯に1829年、1841年、夫々3年ずつ欧州に旅し、
フレンツエに滞在している。イタリアでは過去の美術に接し、
ローマ帝国の歴史を身近に感じながら、「帝国の運命」(The Course of Empire)
という五部作を構想し、完成させている。

もう一つの代表作は、「人生の旅路」(The Voyage of Life)である。
これらの作品では風景が大きな比重を占めるが、単なる風景ではなく、
そこに歴史的な人物や記念碑、古典的な建築などを導入し、
またしばしば象徴的、寓意的な意味を含ませている。

また、アメリカ的な雄大な風景画の創始者としても知られている。
彼はニューヨーク州のハドソン河畔を愛したが、彼の影響を受けた
若い画家たちはやがてハドソン・リバー派という、米国で最初の、
かつ最もアメリカらしい風景画の一派を形成した。

1848年ニューヨーク州で没する。

1.jpg
2.jpg
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
7.jpg
8.jpg

ランキングに応援してくれる方は、クリックを!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村