医療についての火水伝文からです。 

火水伝文

この方は、
痛き辛きを治すが『あやま知』申して居るのでないぞ。
こを取り違え致しては、
片ハタラキの神々や狐や狸の戯言になりてしもうから、
ハキリ申し置くぞ。
善きか。
汝等、真釣り外せば、情けが出くるは申し伝えあろうがな。
なればこの世が『欲』と【情け】の両輪で動き参りたは解かりあるな。
真釣りを外す度毎に情けをかけて参りた申しあろうがな。
大神様は総てを知られ居りて、
至誠至愛で汝等に情けをお渡しなされ居るのぞ。
汝等の今がか弱き心身で、
堪え得る情けをかけるのじゃ。
痛き辛きを顕すが情けの表にてござるのぞ。    

病みたる表の顕れを
水を基の医術にて〔治す〕が花の表にござるよ。
堪ゆる辛抱が情けの裏じゃ。
大神様も共に堪えてござるのぞ。
汝一人の痛みで無いぞ。
顕幽双方の世界に苦しむ総てのミタマの苦しみを、
御身ご一人に移され堪えてござるのじゃ。
この世に在りて有るものは総ての総て神なるが由ぞ。
解かるでござろうが。
堪ゆる辛抱が情けの裏じゃ申したが、
こで汝等が、
身欲にありて何かの真釣りを外しあ
りた事に気が付きて、
自らを生かし支えある元つ天地の深きご恩に、
お詫びと感謝の響きが鳴り鳴り出くれば、
真釣るマコトがハラに咲くのじゃ。
ハラに咲かせた花一輪、
こが花の裏にてござるのぞ。
こが咲けば顕幽ただちに【直る】を知りて下されよ。
外した真釣りのメグル響きも、
真釣ろうた申すことにてあるぞ。
なれど汝等皆々は、何時いつにありても気付けぬままに、
水を基の医術のみで【直り】た積もりで〔治り〕て居りて、

正味のメグル情けはそのままに、
新たに酷きメグリを育み行くのじゃ。
外した真釣りは気が付きて、真釣ろう響き出るまでは、
万古末代鳴り鳴り響きて消えはせぬ、申したであろうがな。
新たな酷きメグリ申すが、
難しき病と鳴り行くは解かるであろうが。
こが身欲を基の種となす医学の魔化けを促くすのじゃ申して居るのぞ。
誰ぞが医学の『あやま知』を押し進め参り釆たか、
これでハキリ解かりたでござろうが。
医者の治すが魔釣りで無いぞ。
汝の身欲が魔釣りでござる。
人を責めむも業を責めむも恥ずかしき限りにてあるよ。
汝の身欲が基じゃ。
良う目を見開かれて、
スミキリてあれよ。
これで少しは解かりたか。
医学に限らず総ての『学』や『業』呼ばれるものは、
九分九厘、人民様の《欲》を基と成し居るが由、
末のこ度は総て解くぞ。
解く申すは新ら魂をお入れ致す申す事にてもあるぞ。
何もかも綺麗サッパリ無うなる言うて居るので無いぞ。
取り違え致すなよ。
『商』の響きは末代無いぞ。            

そばかりか政治も経済も律法も総て無う成るぞ。
タテナオシよりミロク代へ至る暫しの問、
三つが一つになりた様なハタラキが在るだけぞ。
マコト、ミロク代へ至りなば、
農鳴る響き、漁鳴る響き、林鳴る響き、鉱鳴る響き、医鳴る響き、
身欲を外したる総ての響き、
新ら魂もお入りに鳴られて、
一如に鳴り鳴り真釣ろう響きになりて、在りて有るのぞ。
真釣りあるだけの、歓喜弥栄の御代と鳴るのじゃ。
ざから『商』や『業』が無う成る申したは、
そを支える初発の基が保身なる、
身欲に発し在るからじゃとくどう言うて居ろうが。
生かされあるものに保身の必要無きも申したな。
逆に真釣るマコトのお邪魔に成るも解かりたであろうがな。

スポンサーサイト

宇宙は霊の霊と物質とからなつてゐるぞ。 

グルジェフの「超人思想」の謎から抜粋
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hgr/_gurdjieff.html#05

グルジェフは、宇宙に存在するあらゆるものを、振動密度/物質密度という考えで分類した。

つまり精神や霊も、いかなるものも基本的に「物質」であり、
ただそれは我々が手で触れることのできる物質と比較すると、
振動密度が高く、そのぶん物質密度は低いのだ、という考え方だ。

振動密度と物質密度は反比例の関係にある。
我々の肉体よりも、感情はもっと振動密度の高い物質だ。
更に思考はもっと振動密度が高い。それでも、やはり感情も知性も有限の物質なのである。

以下、『私は宇宙人を知っている』より抜粋

***************************************

グルジェフは振動密度/物質密度の異なる物質を「水素番号」で識別した。
といっても、いま一般に知られている元素の水素とはまったく異なる概念のようだ。

水素の番号は数が小さいものほど、振動密度が高い高次元の物質で、
数が多くなるにつれて、一般にいう物質的な姿になってゆく。

◆水素1は、この宇宙で分割不可能な、絶対といわれる物質。
◆水素6は、高次思考能力の物質といわれる。
だが、この思考能力は、ふつうの知性と違い、
象徴を象徴そのままに考えることのできる知性で、
神話はこの知性で語られているという。
生命の根底にある本当の意図とでもいうべきだろうか。

◆ 水素12は、高次な感情能力だといわれる。
これは宗教的な感動や、言葉で語りつくせない強烈に神聖な感情などに象徴される。
一般の人間の感情も知性もこの強烈さについていけないので、
たとえば瞑想家などもこの水素の体験をすると、
一時的にエクスタシーに飲み込まれ、言語能力を喪失する。

◆水素24は、グルジェフ体系になじんだジョン・C・リリーの言葉を借りれば、
専門家的悟りの意識だといえる。たとえばあるひとつの仕事に練達した人は、
必ず常識では納得できない不思議な能力を持っている。
レーサーが驚くべきスピードで、すでに脳の認識力では追跡できないはずの
路面を冷静に観察し、
正確に車を運転する能力などだ。
また優れた武道家や兵士が、あるとき砲弾が自分に向かっているのを
肉眼で見たり[感知・反応]する、という例もあげられる。
一瞬でも通常の「考え込む」状態に入ると、この危ないところを綱渡りするような
優れた能力は失われる。レーサーはその瞬間事故を起こす。
人はひとつの仕事に熟練することで、この水素を蓄積する。独特の高速の意識だ。

◆水素48は、一般にいう思考能力だ。
考え、分析し、語るというレベルのことだ。ジョン・C・リリーは精神の無風状態だという。

◆水素96は、濃密な感情、たとえば怒り、嫉妬、憎悪など。
われわれが、この物質に内面的に同化せず、外的な物質として観察する場合、
これは“気”や、動物磁気として観察される。また光の速度もこの96だ。

◆水素192は、空気。

◆水素384は、水。

◆水素768は、私たちの食べている食物の水準に近い。
水分の多い栄養の少ないものは水である384に近く、
フレーバーの多い堅い食物は1536に近くなる。

◆水素1536は、樹木。

◆水素3072は、鉄。

抜粋おわり

グルジェフが言いたいことは、以下のひふみ神示と火水伝文に答えがある。


「宇宙は霊の霊と物質とからなつてゐるぞ。人間も又同様であるぞ。
宇宙にあるものは皆人間にあり。人間にあるものは皆宇宙にあるぞ。
人間は小宇宙と申して、神のヒナガタと申してあらう。
人間には物質界を感知するために五官器があるぞ。
霊界を感知するために超五官器あるぞ。
神界は五官と超五官と和して知り得るのであるぞ。
この点誤るなよ。
霊的自分を正守護神と申し、神的自分を本守護神と申すぞ。
幽界的自分が福守護神ぢや。本守護神は大神の歓喜であるぞ。」
(ひふみ神示 『冬の巻』第一帖)

「神の元つ仕組みの大事な基申すは【火の御ハタラキ】
先にタチ有りて後に【水の御ハタラキ】生ず。
これであるぞ。
簡単でござろうが。
なれど、こに、この世の総ての響きがあるのじゃ。
総ての秘密がござるのぞ。」(火水伝文 202)

「祈りとは意が乗ることぞ。
霊の霊と霊と体と合流して一つの命となることぞ。実力であるぞ。
想念は魂。魂は霊であり、霊の世界に属し、霊に生きるのであるぞ。
ものは霊につけられたもの、霊の霊は、霊につけられたものであるぞ。
ものにはものの命しかない。
真の命は霊であるぞ。
生命のもとの喜びは霊の霊であるぞ。
霊の霊が主ざと申してあらう。
奥の奥の奥の・は大神に通ずる・であるぞ。喜びであるぞ。
・あるために人間となり、人間なるが故に神となり、
神なるが故に喜びであるぞ。
他のいきものにも・はあれど、外の・であるぞ。」(ひふみ神示 『黒鉄の巻』第三十二帖)

考えること、意志すること、行為することの根本は、肉体からではない。
霊的な内奥の自分からである。
この内奥の自分は、神につながっている。
故に、自分自身が考え、意志し、行為するのではなく、
自分と云うものを通じ、肉体を使って、現実界への営みを神がなし給うているのである。
其処に、人が地上に於ける司宰者たる、
またたり得る本質がある。」
(ひふみ神示 『二日ん(ジシン)の巻』第十六帖)  

なんと!!!、グルジェフの水素番号とひふみ神示の内容があっているのである。

結局、なにがいいたいのか?

思考や感情は火(霊)でできており、

水も空気も本来、火の御ハタラキ(霊)であい、

これらは、太陽司神=宇宙創りた元つ神の働きである。

そして、水の御ハタラキ(物質)が

組みあって、物質世界に水も空気も初めて存在する。


「全大宇宙は、神の外にあるのではなく、
神の中に、神に抱かれて育てられているのである。
故に、宇宙そのものが、神と同じ性をもち、神そのものの現れの一部である。
過去も、現在も、未来も一切が呼吸する現在の中に存し、
生前も死後の世界もまた神の中にあり、
地上人としては地上人の中に、霊界人にありては霊界人の中に存在し、
呼吸し、生長している。」
(ひふみ神示『二日ん(ジシン)の巻』第五帖)


川も空気も本来、幽体である。

土星(サタン)による、

水の御ハタラキ(物質)が

組みあって、物質世界に水も空気も初めて存在する。


「地上界に山や川もあるから霊界に山や川があるのではない、
霊界の山川がマコトぞ、地上はそのマコトの写しであり、コトであるぞ、
マが霊界ぢや、地上人は、半分は霊界で思想し、霊人は地上界を足場としてゐる、
互いに入りかわって交はってゐるのぞ、
このこと判れば来るべき世界が、
半霊半物質、四次元の高度の、影ないうれしうれしの世であるから、
人民も浄化行せねばならん、
大元の道にかへり、歩まねばならん、
今迄のような物質でない物質の世となるのであるぞ。」
(ひふみ神示 『星座之巻』第十二帖)


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ



火水伝文の魔方陣のライン 

この方は汝等の三真釣る響き、早う清らいで成り鳴り来るを、
ジリジリ致して待ちて居るのぞ。
難しく考えねで善いのじゃ。
汝等の申す三掛け三の掛け算思えばそれで善いぞ。
真中を含めた九つの御座で大き正方を形創りてる思えば善いのじゃ。
その真中の真中が五じゃ申すは、
正方の左上から下に向うて神(一)、幽(二)、顕(三)
こをヒトの座のヒフミ申して居るのぞ。
上のまん中より下に向うて神(四)、幽(五)、顕(六)
こをヒノモトの座のヒフミ申して居るのじゃ。
こに真中の真中の五があるぞ、
解かるな。                         
最後は右上から下に向うて神(七)、幽(八)、顕(九)
こをアメツチの座のヒフミ申して居るのじゃ。簡単でござろうが。


火水伝文の中で数の配列が述べられています。
下の図に示している気学などで使われる落書とは違う配列になっています。
合計が15になる魔方陣のラインが限定されています。


mahoujins.jpg

神(一)    
幽(二)
顕(三)

ヒトの座のヒフミ

神(四)
幽(五)
顕(六)

ヒノモトの座のヒフミ

神(七)
幽(八)
顕(九)

アメツチの座のヒフミ


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

火の御ハタラキ 

火水伝文
火の御ハタラキ申すは、一(ヒ)なるぞ。
神なるぞ。霊なるぞ。日なるぞ。口なるぞ。
火の位に座されます御力徳におわします。

火水伝文
そはマコト少なければ、
末はメグリに鳴り成り結ぶもあるいうことにござるぞ。
こは決して忘れんで下されよ。
心曇りて、火、傾けばマコト少のう成るのぞ。
火、ヨコに成るればマコトタテワケ適わず、汚泥混濁の世と成るは解かるであろうがな。

火水伝文
【口・心・行】にありては【口】が
火のハタラキの御座(ミクラ)なるを知らせ置くぞ。
言霊の響き大事に慎み深く使うが善いぞ。

火水伝文
【口】に出した事どもは違えず【行】いて下されよ。
【口】を慎みて下され言うはこの事あるが由じゃ。
【口】は火傷の元ぐらいに思いて慎み行くが善かろうぞ。

火水伝文
汝等が戯言あれ弱音あれ、吐くは汝等の勝手なれど、
そがために巻き込まれ、作らいでもよいメグリを他人に作らせ参るは、
マコト心卑しき業なれば、少しはマコトを出されて、ご自分の事より、
他人を支える火の御ハタラキを、口の座に座さして下されよ。
真釣りに仇なす不調和を、バラ蒔く者と成るよりは、
調和をふり蒔く者と成りて下されよ。土台が狂うてござるぞよ。


口は火傷の元(災いの元)だから・・・火の御ハタラキとなる。
あなたが悪口や愚痴を吐くは勝手なれど、
他人に聞かせるのは心が悪に染まっているからである。


火水伝文
マコトを通す申すは、他人を責めむ事にてはあらざるぞ。
汝が支えられある者にてあればなおの事じゃ。
他人を落としめ、汝ご自身も悪に染まるからじゃ。
好い加減に卒業なさるが善いぞ。


以下、関連記事
一番たちが悪い人

絶対変革より
どんな理由があっても、批判や中傷をしてはならない。
どんなに小さいことでも、絶対に中傷してはならない。
批判や中傷は、情報収集から生まれる自我のあらわれである

批判や中傷の原因を探ると、やはりそこには情報収集があります。
何も知らなければ、批判や中傷は起きません。

しかし、調和を目的とした論争や、
建設的な助言の批判ならば意味はありましょう。

火水伝文に興味がある人は・・・・

以下、リンク先
火水伝文写し

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

自衛隊の海外派遣について 

自衛隊の海外派遣について
なぜ日本が自衛隊をイラクへ送ったか?
どうして、テロと戦わなくちゃいけないのか?
これはイスラムとアメリカの問題であって日本が首をだすべきではない。
イスラムには、イスラムの信念や生活、そして守りたいものがある。
それを理解しようとしないでテロだ、悪だと騒ぎまくる。


火水伝文から抜粋
援助、援助と騒ぎ立て、
汝の成せしは自覚無く
『あやま知』たてたる援助にて、
金出し、口出し、手を出して
自国ばかりか他国まで利権むさぼり         
食い尽くし。                    22
『あやま知』散々ばらまきて、
山死ぬ海死ぬ心死ぬ。
貧富逆巻く悪き世にさせたが日本の罪なるぞ。
寝ぼけマナコに在りては危ういぞ。
こ度の大変、悪神は日本の人民様餌食に致してやり通す、
申す声聞こえんか。
これより日本を世界の悪者に成す仕組み、
どんどん表に顕れ来るぞ。
出て来てから騒ぐなれど後の祭りじゃ。


ランキングに応援してくれる方は、クリックをお願いします!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村