人間の想念 

人間の想念はエネルギーを持つ。
霊視能力者は、人間のオーラの中にその人の想念を見ることができるという。
大勢の人間が同じ事を考えると、
それは強力な想念エネルギーの集合体となるのだ。


シュタイナーは次のようにも語っている
しばしば、『思考はまったく自由だ』といわれます。――
頭の中で何を考えても、誰にも迷惑をかけないというのです。
ここが真に霊的な衝動によって把握されるものと
唯物論的な考えとを区別するポイントです。
誰かに石を投げつけると、石を投げつけられた人は痛みを感じるが、
誰かに対して抱く憎しみに満ちた考えは相手に痛みを感じさせない、
と唯物論者は信じています。けれども、真に世界を認識している人は、
憎しみに満ちた思考が石を投げつけることよりもずっと
強大な作用を生みだすことを知っています。」
(薔薇十字会の神智学)


たとえば、
ある場所に大勢の人間が
同じ事を考えると想念が滞留していく、
それにより波長の法則により、
同じ想念には憑依霊が引き寄せられてくる。


ひふみ神示
自分の中にあるから近寄ってくるのであるぞ。
嫌なこと起こってくるのは、嫌なことが自分のなかにあるからぢゃ


たとえば、よく怒る人は怒りの想念が渦巻いているので
波長の法則により、
よく怒る憑依霊が引き寄せられてくる。

大抵は2、3日ぐらい想念が留まると言われている。
妙にこの場所にいると怒りやすくなるのは
怒りの想念が部屋に渦巻いているからである。

怒り、ストレスと言った想念を吹き飛ばすために、
風が吹く現象が起き、台風という現象になる。


アリオンは想念について次のように述べている。
我々はしばしば、多数の人間の集まる
(何千人、何万人という人の集まる
 コンサート会場や初詣客の集まる神社など)
上空へ我々の機動母船を出動させる。
多くの人々の思念エネルギーを、
有効なエネルギーに変換させるのが目的だ。
これらの多数の人々の想念の作る波動の渦は、方向を定めてやらねば
プラス・エントロピー方向の破壊へと溢れ出す可能性が高いので、
我々は出来るだけ渦を高く引っ張って、
我々の作る波動シャワーのフィルターを
通してから再び地上へと還元する方法を取る。
目的の異なる多数の人々の想念エネルギーは活用する前に、
方向付けをしてやる必要性があるのだ


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

スポンサーサイト

想念は波動 

人間の想念は波動(バイブレーション)が、
物質に影響を与えたり、記憶されたりするといわれている。

物質は悪想念や人の会話やテレビの音声なども記憶し、
常に人間の運命に大きな影響を与えているのだ。

ホ・オポノポノではその事が説かれ、
身の回りの物質の記憶をクリーニングするように教えられている。

また、神霊能力者の隈本確氏も物質に人間の想念が入り、
それを所有した人間に影響を及ぼすという話をしている。


MRTの内海康満氏も同様の話をしている。

物質にも想念が残る

想念のエネルギーが物質に残ることもある。
以前、建築関係の仕事で新築の家に呼ばれたことがあった。
そこの家族が言うには、玄関に上がってスリッパに履き替えるところで、
よく子供が転んだり、お客さんがケガをしたりするという。
私は、その場所で何かあったなと直感し、あとで調べてみたら、
建築作業員がその場所で仕事をしている時に
自分の足を金づちで叩いてしまったということが分かった。
そのとき「コンチクショウ!」という想いを発したのだ。
そのエネルギーが玄関のところに残ってしまい、
ケガがしょっちゅう起こっていたのである。
女性が宝石などに執着を抱いたまま死ぬと、その宝石に想念が残り、
形見としてもらった人間に災いをもたらすことも多い。
高い宝石だからといって、安易にもらうのは考え物である。
これらの話は想念が他人に影響を与えた例だが、出した想念は、
いずれ想念を出した本人にもちゃんと返ってくるようになっている。
今生で返ってくるか来世で返ってくるかは分からないが、
基本的に自分が出した想念から逃げおおせることはできないのである。
また、他人の想念を受ける人間は、その想念を受けるべくして受けている。
自分の中に想念を呼び寄せるものがあったから、
他人の想念を受けてしまうということだ。
他人の想念を完全に受けなくするには、ゼロになるしかない。
完全にゼロの意識になっていれば、
相手の想念はそのままダイレクトに自分に返っていくだけなのである。


例えば、あなたがイライラしたり腹を立てたり悲しんだりすると、
周囲の空間や物質もその影響を受けて記憶する。


ひふみ神示では次のことを言っている
言葉で天地にごるぞ、言波で天地澄むぞ、戦なくなるぞ、
神の国になるぞ、言波ほど結構な恐いものはないぞ


自分が過ごしている環境に存在する物質の浄化(記憶のクリーニング)
をすることをオススメする。


洗心、洗心、洗心、洗心、洗心、
ありがとうございます、ありがとうございます、ありがとうございます、
嬉し、嬉し、嬉し、嬉し、嬉し、
感謝、感謝、感謝、感謝、感謝、

わははははははは…っ!
にっこりぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ~~~~~っ!


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

クリ-ニング(消去)の方法 

ハワイの伝統的教え「ホ・オポノポノ」は、出来事・問題に直面した時、
負の想念や負の感情が湧いてきた時、
不調和な記憶が蓄積されている”自分の潜在意識”にたいして、
以下の言葉を心の中で唱えたりすることで、
クリ-ニング(消去)するというものだ。


「ごめんなさーい」
「許して下さーい」
「愛してまーす」
「有り難う御座いまーす」
「感謝しまーす」


これにより、不調和な記憶(観念・考え方・価値観)を
潜在意識に蓄積しているカルマをクリ-ニングするというものである。

カルマの法則とは自分がまいた種(想念波動)によって、
それ相応の出来事が引き寄せられて、
その引き寄せた出来事を刈り取る(体験する)という仕組みである。


「人は、自分の蒔いたものを、また刈り取ることになるのです」
(ガラテヤの信徒6-7)
「自分の肉に蒔く者は、肉から滅びを刈り取り、
 霊に蒔く者は、霊から永遠の命を刈り取ります」
(ガラテヤの信徒6-8)。


たとえあなた自身の悪いカルマじゃなくても、
家系のレベルで、先祖のまいた種を子孫が引き受ける場合があります。
「親の因果が子に報い」といわれるのはこの為である。

あなたの肉体を通じて霊界にいる先祖にたいして
引き寄せた出来事を刈り取る(体験する)という仕組みである。


ひふみ神示 第24巻 黄金の巻 第七十八帖
先祖は肉体人を土台として修業するぞ。めぐりだけの業をせねばならん。


以下の関連記事になります。
身魂磨きは自分のためだけではない

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

霊的エネルギーの媒介 

シリウス文明がやって来る
インターネットや電波は、善くも悪くも、霊的エネルギーを媒介します。

ふむ、そのとおりだな。
魑魅魍魎の世界。
本当にそのサイト大丈夫ですか?
怒り、憎悪、嫉妬、呪い、抑圧感、不満、果て無き欲望が渦巻いていませんか?

”辛いとき、悲しいとき、 人はそんな時、
 心のすきまに闇ができる その心の闇に
 魔物たちは容赦なく   入り込んでくるのだ。
 だから 苦しくても くじけるな
 落ち込むな くよくよするな
 なにごとも屈しない 強靭な心が最強の武器だからだ”

 
評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

想念パワー 

人が思念や想念を持つと、それは波動エネルギーとして発せられ、
それらはしばらくの間その場に残っているらしい。思いが強ければ
強いほど強力なエネルギーとなるので「恨み」や「悲しみ」は時間が
経過しても消え去らずに長く残留する。
事故や殺人など悲惨で無念の死ほど、
被害者の恨みや悲しみの思いのパワーが強いため、
その現場では霊現象が発生しやすいようだ。

また霊障の中に「生霊」というものがあるが、これは生きた人間の
「恨みや嫉妬」などの波動エネルギーが相手に影響を与える現象である。
死んだ人間の思いなら、やがては消えてなくなるか、
祓ってしまえばそれまでだが、強烈な波動を発する人物が生きているだけに、
次から次へと四六時中悪い波動が発せられていて途切れることがない。
「生霊は死霊より怖い」というのはこれが理由である。

しかし想念エネルギーはネガティブな思いだけが持っているのではない。
幸せな気持ちや人を思いやる心もエネルギーとして発せられ、しばらくは残留する。
新しく引っ越した家で、人の無邪気な笑い声や会話が聞こえるという
現象が起こることがあるが、これは前の住人達の平和で幸せに
満ち足りた生活への思いが、残滓エネルギーとなって引き起こす現象のようである。
普段から家族への慈愛に満ちた思いを持てば、それらの波動が家庭内に滞留し、
良い気場を作り出し、家族にとって居心地のよい環境を作ったり、
また家族を外部の厄災から守ることも可能なのである。

私達が生活をするということは、常に想念の波動エネルギーを周囲に
撒き散らしていることである。もし自分が相手に対し悪い想念を持てば、
相手に何らかの不快な影響を与えていることは確実である。
そして次にはその相手から、相手の悪想念で倍加された波動エネルギーが
着実に自分に帰ってくるのである。想念パワー恐るべし!

ミスターフォトンの浮世鍋から抜粋================

憎しみを持っている人へ

許せとまで言わない、
なるべく憎しみという心から離れなさい。
憎しみという心を離れるために
自分が幸せになるように努力しなさい。
自分がすんでいる環境が最悪、
つまり、憎しむような環境ならば
その環境から離れなさい。


「恋愛しなさい、笑いなさい、
さすれば幸福になるでしょう」


ランキングに応援してくれる方は、クリックを!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村