テレパシー 

文字色テレパシーについてわかーりやすいのがあった。
マナス体でのテレパシー(精神感応)は、
ブリリアントパークの第一話で主人公がテレパシー能力を使う。
この映像をみれば、わかりすいのだが、木星期ではだれにでもつかえる能力となる。


嘘はつけない世界となる

テレパス(精神感応)について

動物は仙骨のチャクラと思われるが、エーテル振動でやり取りしていると思われるのだが、
ネコなんかは、しっぽを触ると嫌がるのはこのためと思われる。

スポンサーサイト

最後の審判(スウェデンボルグによると) 

スウェデンボルグによると

彼の話をすれば、はるか昔に預言され、その登場が長く待たれていた
救世主が何の目的でこの世にやってきたかがよく理解できることになる。
……ヘロデやネロなどに象徴される狂った地獄の巨人の霊たちは、
「蛇の頭を砕く」と預言されていた「婦の苗裔」としての救世主を
なきものにせんと待ち構えていたことが、『マタイ伝』の記述で明らかである。
キリストはこういう状況の中で生まれ、
地獄の勢力と戦う運命を背負ってこの世に登場したのだった。
そして、キリストは何をしたのか。
救世主は、その名の通りに救世の大事業をしたのだが、
その事業を一言でいうこともできる。
キリストが行なったのは、第二回目の最後の審判だった。
巨人の霊に象徴される最も凶悪な霊たちをそこから脱出できない地獄に閉じ込め、
彼らの悪影響が他の霊界やひいては人間界に及ぶことのないようにしたのであった。
キリスト以前の霊界では、巨人、怪物たちの霊が野放しになっていた。
しかし私が実見した18世紀の霊界はそうではなかった。
これも第二回目の最後の審判によって、そういうことがなされたからに他ならない。

キリスト誕生前の世界は、非常に暗い世界であった。
その暗さは、過去の人類史上に例がなく、
その後にも少なくとも今までには例がなかった暗さであった。
その理由は前に述べた巨人や怪物たちの霊魂が霊界で勝手気ままに
跳梁跋扈していたことと、その凶悪な影響が人間界にも及んでいたことであった。
私は自分の日記に次のような体験を書いている。
「彼らは、ほかの霊たちのいる場所に入ることができないのであった。
そしてほかの霊たちとは遠く離れた場所にある地獄に閉じ込められていた。
彼らはそこから霊界のほかの場所に上がっていくことも許されず、
ほかの霊たちが彼らの場所に入ることも許されないのであった」

ここで彼らといっているのは、洪水前期の巨人や怪物のことである。
彼らがこのように同じ霊界でも他の霊たちと接触しないようにされているのは、
彼らの悪影響をほかの霊たちに及ぼさないようにするためであった。
彼らは、誤った考え方を死んで霊界に入った後でも持ち続けていた。
そしてその誤った考え方の発する毒気は、ほかの霊たちの思考の力も失わせ、
他の霊たちは半ば死んだも同然にされてしまうのだった。
彼らは、そんな者たちだったので大きな岩山の下にある地獄に閉じ込められ、
そこから出られないようにされているのだった。
こうしないと霊の世界全体の安全が保てなかったからであった。

しかし、これは18世紀の私が実見した18世紀の霊界での
彼らの様子なのだということに注意してほしい。
キリスト誕生前の霊界では、実は彼らは野放しになっていたのだった。
野放しになっていた彼らが、どんなに凶悪な影響を他に及ぼしたかは述べたが、
彼らの様子から誰にも想像できるに違いない。
しかもその影響は、霊界の中だけに止まるものではなかったのもいうまでもない。
それは当然、人間の世界にも悪い影響や毒気をまき散らすものとなっていた。
キリスト誕生以前の時期が、例のない暗い時代になっていたのも
こういう理由によってであった。

このように、野放しになっていた彼らの悪影響が
人間の世界をもいかに堕落させていたかという証拠はあり余るほどある。
エジプト、アッシリア、バビロン、ペルシア、ギリシア、
ローマのこの頃の歴史が血で汚されているのもその証拠である。
この頃の歴史は狂気と暴虐と犯罪で埋まっている。
これらの国々の王たちは、自分を神にしたがった点で巨人たちと同じだった。
そして実際に、彼らのうちの多くは野放しになった巨人たちの
凶悪な霊に自身が憑依されていたと考えても間違いではない。
これこそ、霊界からの最もストレートな悪影響だったといわねばならない。
ローマだけを例にしても、皇帝ネロをはじめとして、
多くの狂気と暴虐な皇帝や将軍が登場したのはキリスト誕生の前や直後の時期で、
彼らは巨人たちの霊に憑依されてみな自分を神にしたがった。

『創世記』が文書に書かれたのは、黄金時代よりずっとあとになってであり、
これをさらに後になってモーゼが書き写したと私は考えている。
こうして、文書に書かれたのは救世主登場の預言を含め
黄金時代の大切なことを保存するためだったが、
以来救世主登場は人類の歴史を通じて希望の灯となってきたのであった。
そして、救世主は蛇に象徴される地獄を制圧する役目を持って
登場することが約束されていたということになる。

こうして救世主が登場したのちの世界はどうなったのであろうか。
黄金時代が復活したり、白銀時代の良さが取り戻されたのであろうか。
しかし、以来1500年以上の間の状況を長い目で見るなら、
必ずしもそういう結論にならないのは残念である。
救世主のいい影響が続いた期間はせいぜい2世紀かそこらの間であった。
その後の時代はむしろ、再び転落の方向に向かい、
第三回目の最後の審判を迎えることになったのであった。


幽界で起きた第三回目の最後の審判(天変地異)は
それが現在の私たちの人間界に移写されるという事である。

地上での第三回目の最後の審判を小難にする為には、
負の想念の浄化しかほかならない

洗心、洗心、洗心、洗心、洗心、
ありがとうございます、ありがとうございます、ありがとうございます、
嬉し、嬉し、嬉し、嬉し、嬉し、
感謝、感謝、感謝、感謝、感謝、

わははははははは…っ!
にっこりぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ~~~~~っ!


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

創世のヴィジョン 

黒いナマコ(原初の神意識体)のようなものが見えた。

次に、その存在の表面や内面で、光の線が走りはじめた。

深海の生物の発光現象のような雰囲気だった。

その次に、その闇の存在のなかに、くっきりと光の道すじが生じた。

それは、深海の生物の微弱な光の明滅ではなく、周囲を照らすほどの光だった。

その次の瞬間、ビッグバンがはじまった。物質的宇宙が生まれた。

原初の神意識体は、この爆発のなかで、粉々にくだけた。

その断片、かけらは、この物質的宇宙のなかに放り出された。

爆発がおさまり、宇宙に物質が形成され、星々が生まれていく。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

不思議な話 

『自然と人間の生活』の中の西川隆範氏の
「編訳者はしがき」には、次のようにあります。

「人間は殴られると痛みを感じますが、鉱物は痛みを感じない、
 とシュタイナーは言います。人間は喜びや悲しみを感じる心をもっているけど、
 鉱物にはそのような心がないというのです。
 しかし、地上の鉱物を統合する<鉱物界の魂>は天にあって、
 その魂は喜びや苦しみを感じる、とシュタイナーは言います。
 おもしろいのは、鉱物の魂は岩石が砕かれるときに幸福を感じ、
 破片がつなぎ合わされると苦痛を感じるということです。
 塩が水に溶けるときには喜びを感じ、
 水が冷えて結晶化するときには苦痛を感じるそうです。
 地中で結晶ができるときも、鉱物の魂は苦痛を感じるといいます。
 秋になって穀物が刈り入れられるとき、
 天空に生きる<植物群の魂>は痛みを感じない。とシュタイナーは言います。
 動物が草を食むとき、植物群の魂は、
 子どもに乳を吸われる親のような幸せを感じるそうです。
 植物が苦痛を感じるのは、地面から引き抜かれるときです。
 人間も、髪を切ったり、爪を切ったりすると、気分がさっぱりしますが、
 髪の毛を抜かれたり、爪を剥がれたりすると、痛いですね。」 
 (自然と人間の生活)


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

未来世体験 

2012年12月22日(冬至)の日本◆◆◆
徐々に映像が見えて来る。夜明け前の町並み。まだほんのりと白んで来る暗い時間だ。
やがて、山の方を見ていると、突然泡のような発光体が急激に拡散していく。
いわゆるフォトン・ベルトのフォトンなのか?まったく理解できない光景だ。
今度は、別の光の固まりが眼前に押し寄せてくる。
よく見てみると夥しいバッタのよう昆虫の群れであった。
12月末ということを考えると季節はずれの暑い日なのか?
突然火山の爆発で溶岩が流れる画面になる。どろどろと赤い物が森を焦がしていく。
続いて、巨大地震の画面に変わる。山と山との間を走る高速道路が崩れていき、
多数の車が巻き込まれて下に落ちていく。新幹線が脱線するのが見える。
間もなく、嵐のような強風が吹き荒れる。
これも季節はずれの台風かと思うと複数の巨大竜巻の発生であった。
次々と場面が変わり、威勢のよい川の流れが映る。
しかし、やがて水量が減っていき、渇水になり、魚が苦しそうに飛び跳ねる。
いよいよ森は生気を失い枯れ果てる。
もうすべて終わりかと思っていると、
やがて焼け焦げた暗い森の中に鮮やかなネオンのような虹色をした意識体
が一つ二つと出現してきた。よく視ると虹色をした妖精だった。
実に神秘的でおとぎ話のような光景だ。
死に絶えた森のあちこちで妖精達が生の息吹を吹き込んでいた。
するとビデオの早送りのように急激な森の再生が始まった。
木々はどんどん根を張り、枝はぐんぐん伸びていく。
やがて鹿などの動物の群れが現れ、
鳥たちも歓喜を表すように空へ舞い上がっていった。
こうして、何もなかったようにいつもの透き通った青い冬空が見えて、
自然の静寂がもどった。
(「ヘミシンクによる未来世体験」より)

へー、これが本当なのかどうかわからんが、
「よく見てみると夥しいバッタのよう昆虫の群れであった。」
という部分が気になる。

ヨハネの黙示録にこのような記述がある。
ヨハネの黙示録第9章
第五の御使が、ラッパを吹き鳴らした。するとわたしは、
一つの星が天から地に落ちて来るのを見た。
この星に、底知れぬ所の穴を開くかぎが与えられた。
そして、この底知れぬ所の穴が開かれた。すると、
その穴から煙が大きな炉の煙のように立ちのぼり、
その穴の煙で、太陽も空気も暗くなった。
その煙の中から、いなごが地上に出てきたが、
地のさそりが持っているような力が、彼らに与えられた。


いなごとはフォトン・ベルトの現象を表しているのかもしれない。
シリウス文明がやって来るでも宇宙光線の話が出てくる・・・、


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村