霊界の構図(編集しました) 

1307defbd556a3d557d6ca1e2a67ce87.jpg

以上の画像はコナン・ドイルによる、霊界の構図なのだが、

多少、補足すると以下のようになる。


宇宙の創造活動への参加=ゴーザル界(高位メンタル界)

形体なき存在への準備=メンタル界
(シルバー・バーチが描写した霊界の様子に最も
よく当てはまるのはメンタル界の中間に位置する
第四天界(第四亜層)であると思われ、
第四天界で生活する住民達は便宜上次の四種類に分類される。

(1)霊的智識の無私の探求に従事する霊人たち
(2)高度の哲学的あるいは科学的思考に従事する霊人たち
(3)無私の文学あるいは芸術活動に従事する霊人たち
(4)奉仕のための奉仕に従事する霊人たち

直観的悟りと知的理解の世界=高位アストラル界
(神智学ではおそらく、メンタル界の第七亜層から第五亜層の世界と思われる。
ここをメンタル層ではなく、高次アストラル界の太陽層と思われる。)

幽界=低位アストラル界

地球に生まれ、地球上で生活した人間は死後「地球圏霊界」に入ることになります。
地球圏霊界は、大きく2つに分けられます。「地上圏霊界」と「宇宙圏霊界」です。
地上圏霊界とは、地球出身の霊たちが再生を繰り返しながら成長していく段階の霊界、
宇宙圏霊界とは、地上への再生プロセスを
卒業した霊たちが住むことになる高級霊界のことです。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

スポンサーサイト

神界について 

私の見たところ、
ひふみ神示や霊界物語のある
神界の記述は第3下層は5次元の世界である。

神界3×7×7
中界1×7×7
幽界3×7×7

本来、神界は6次元の世界である。
ゆえに、私は中界が5次元の霊界なのか、
中有界かどちらか迷っていた。

しかし、霊界物語の記述を読んで、
中界は中有界であることを確信した。
霊界物語における、天界は神界ではない。
これは、5次元の霊界の様子を記述している。

神界における、第2中層こそが
6次元の世界であり、
本来の神界の世界である。

以下が、第3下層と思われる天国の様子である。


霊界物語
霊国よりエンゼルまたは宣伝使出張し来たつて、
愛善を説き、信真を諭し、円満なる天人の智慧と証覚をして、
ますます円満ならしめむと務めるのである。
また天人はその説教を聞いて、
自分の人格を円満ならしめ、処世上の福利を計らむとするものである。

霊界物語
「モシ五三公さま、もしも私が天国へ霊肉脱離の後、
 上ることを得ましたならば、定めて貧乏人でせうな」
「アアさうでせう、ただ今すぐに天国の住民となられるやうなことがあれば、
 あなたはやはり第三天国の極貧者でせう。しかし、ふたたび現界に帰り、
 無形の宝といふ善の宝を十分お積みになれば、
 天国の宝となり、名誉と光栄の生涯を永遠に送ることができませう」


疑問1
神界入りした人間が人格を円満ならしめ?という記述
疑問2
第三天国の極貧者ということは、徳がまだ低いという意味である。

以下の言葉を注目してほしい。

”しかし、ふたたび現界に帰り”

本来、神界(6次元)に突破したならば、
地上に転生はしなくてよいのである。
しかし、5次元以下の存在は転生の手続きが行われる。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

あの世の構造について ・2 

ひふみ神示 第三巻 富士の巻 第九帖
神界は七つに分かれてゐるぞ、天つ国三つ、地(つち)の国三つ、
その間に一つ、天国が上中下の三段、地国も上中下の三段、
中界(ちうかい)の七つぞ、その一つ一つがまた七つに分かれてゐるのぞ、
その一つがまた七つずつに分れてゐるぞ。今の世は地獄の二段目ぞ、
まだ一段下あるぞ、一度はそこまで下がるのぞ、今一苦労あると、
くどう申してあることは、そこまで落ちることぞ、地獄の三段目まで落ちたら、
もう人の住めん所ざから、悪魔と神ばかりの世にばかりなるのぞ。

五十黙示録 第四巻 竜音之巻 第四帖
○(霊)界と申しても神界と幽界に大別され、又神界は天国と霊国に分けられ、
天国には天人、霊国には天使が住み、幽界は陽界と陰界に分れ、
陽霊人、陰霊人とが居る、陽霊人とは人民の中の悪人の如く、
陰霊人とは善人の如き性をもってゐるぞ。
 

神界=ゴーザル界 =6次元
中界=メンタル界 =5次元
幽界=アストラル界=4次元

神界3×7×7
中界1×7×7
幽界3×7×7

霊界とは343の世界にわけられている。

中界とは・・・おそらく、メンタル界のことを言っていると思われる。
中界(メンタル界)のうちのひとつで守護霊が住んでいる世界がある思われる。
神界にあがれない霊人はふたたび、地上に転生すると言われているのだが、
地上に転生しない霊人は地上人を守護することで、
個人のカルマを清算するのであろう。

地上に転生(90年)→中有界(30年)→幽界(平均300年)→地上に転生
地上に転生(90年)→中有界(30年)→中界(平均300年)→地上に転生

以上の輪廻転生で、守護霊になったり、幽界で霊団を組んで、
他人を助ける行為をしたりすることで、自らの霊格を向上するようにつとめたりする。

地上に転生(90年)→中有界(30年)→神界
地上に転生(90年)→中有界(30年)→中界→神界

神界に神上がりすることで、そのときに初めて
釈迦大師の言う、”解脱”にたどり着けるのであろう。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

中有界てどんなところ 

地上での死

↓第一の死(肉体消滅)

中有界(0~30年)
*霊体の回復=病院のイメージをもってくれればわかりやすいと思われる。
*地表の霊界(エーテル界)に行き、地上の人間に憑依したりするものもいる
*地表の霊界(エーテル界)まで降りてゆき、
 罪の誘惑に負けそうになっている地上人の心に働きかけたりする仕事をする。
 具体的には、地上人が夢を見ているときや夢想しているときに、
 私がかつて経験したような良心の呵責から
 くる苦悩や恐怖、自己嫌悪を感じさせるようにします。

↓第二の死(エーテル体消滅)

高位アストラル界      

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

あの世の構造について 

ひふみ神示 第三巻 富士の巻 第九帖
神界は七つに分かれてゐるぞ、天つ国三つ、地(つち)の国三つ、
その間に一つ、天国が上中下の三段、地国も上中下の三段、
中界(ちうかい)の七つぞ、その一つ一つがまた七つに分かれてゐるのぞ、
その一つがまた七つずつに分れてゐるぞ。今の世は地獄の二段目ぞ、
まだ一段下あるぞ、一度はそこまで下がるのぞ、今一苦労あると、
くどう申してあることは、そこまで落ちることぞ、地獄の三段目まで落ちたら、
もう人の住めん所ざから、悪魔と神ばかりの世にばかりなるのぞ。


五十黙示録 第四巻 竜音之巻 第四帖
○(霊)界と申しても神界と幽界に大別され、又神界は天国と霊国に分けられ、
天国には天人、霊国には天使が住み、幽界は陽界と陰界に分れ、
陽霊人、陰霊人とが居る、陽霊人とは人民の中の悪人の如く、
陰霊人とは善人の如き性をもってゐるぞ。 


神界 天国・霊国
中界
幽界 陽界・陰界

中界=中有界のことと思われる

神界3×7×7
中界1×7×7
幽界3×7×7

霊界とは343の世界にわけられている。

五十黙示録 第四巻 竜音之巻 第九帖
霊界にすむものは多くの場合、自分の住む霊界以外のことは知らない。
その霊界が総ての霊界であるかの如く思ふものであるぞ。
同じ平面上につながる霊界のことは大体見当つくのであるなれど、
段階が異なってくると判らなくなるのであるぞ 


最上階の神界の霊域を『日本神界』と言い、
この神界のはるか下方に人類が民族魂に分かれている。

『日本神界』とはその名のとおり、太陽神である根源の神が住まう社のことであり、
太陽神「サナートクマラ」の玉座が置かれている場所のことである。

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村