性的タブーについて 

性的タブーについて

雷の激しい日、風の強い日に性行為はしない。
電磁波の作用で生まれた子は難とされる。

暴飲暴食した日に性行為はしない。
内臓が負担し、正常な代謝機能をしないので、
精神的な子供が生まれやすい。

大便や小便した直後に性行為はしない。
若死やすい子供や、意思薄弱の子供が生まれやすい。

病気の状態で性行為はしない。
生まれた子供が長寿できないと言われている。

入浴中に性行為はしない。
入浴中に妊娠したときに横死の相を背負う。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

スポンサーサイト

鬼について 

鬼について

古代人にとって、人間の手に負えないものを神や鬼とみなしていたが、
驚異的な生命力を持つ童子は神や鬼に近い存在と考えられていた。


アリオンは次のように述べている。
「鬼は人を揺さぶる、揺さぶり続ける…これでいいのか?本当か?と」


つまり、地震の神が大地を揺さぶって、人の意識を覚醒するために
おこしているのだが、アリオンはこのことを鬼と呼んでいるのであろう。


アリオンは次のように述べている。
「鬼」「まつろわぬ者」「アマ族」「鉄鉱民」のルーツは同じ


また、「まつろわぬ者」として時の権力者から征討された神々や人々と表現した。
聖徳太子は二人の童子を連れているが、これは
時の権力者から征討された人物の出生を鬼とほのめかしているのだ。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

土食 

米国・ニューヨーク州イサカのコーネル大学でヒューマン・エコロジーを
研究するSera Young博士らがThe Quarterly Review of Biology 2011年6月号
に発表した研究で、人間が土を食べるのは毒物や寄生生物や病原体から
胃腸を守るためである可能性が高いことがわかりました。

博士によると、土食症は2000年以上も前に既にヒポクラテスによって記録が
残っているほど古くから知られており、限られたある
特定の民族や種族に発症するものではなく、
人類が居住する全ての大陸、
ほとんど全ての国で観察されているということです。

土食の例として報告される最も多いケースが、
妊娠初期の女性と思春期以前の子供であり、
両者に共通するのが寄生虫や寄生病原体に敏感な時期であるということ、
また、事例が多い地域は熱帯が多く食物が媒介する微生物が
大量に存在していること、そして胃腸に問題のあるときに
食べられることが多いことなど、また土食用の土は、
考えられているよりも病原菌や寄生虫のいない深い地層の土で、
さらに煮てから食用にされるので、土食自体が消化器に問題を
起こす可能性は少ないことから、結論として土食は胃腸を守るために
行われてきた可能性が最も高いとしています。

大峠では飢餓の真っ只中になるので、
土が食べられるということを、友人や家族に教えておいたほうがよいでしょう。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村<

雑草はなぜ生えてくるのか? 

雑草はなぜ生えてくるのか?

雑草には微生物、虫と同じように養分や環境、
生態系をコントロールするために、その土地の必要に応じたものが生えてきます。

眼に見えない土壌状態や環境を、眼に見える形で表しているのが虫や雑草。

雑草はその土地に、より進化の上位の命を生かすために、
過剰な物を取り除き、足りない物を加えます。

炭素や窒素が足りない痩せ地には、ススキ、
チガヤ、ヨシ等のイネ科の雑草が好んで生えます。

そもそも雑草という名の草はなく、それぞれの草が本来個性を持っています。


昭和天皇はこのように言っている。

「雑草という草はないんですよ。
 どの草にも名前はあるんです。そしてどの植物にも名前があって、
 それぞれ自分の好きな場所を選んで生を営んでいるんです。
 人間の一方的な考えで、これを切って掃除してはいけませんよ」

ひふみ神示 第27巻・春の巻 ・第十四帖でもこのように言われている。
「どんな草でも木でもその草木でなければならん御用あるぞ。」


「土を進化させようとするのが、雑草の役割」

評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村