カテゴリー  [夢 ]

夢 

夢の種類
夢にはどういった種類があるのでしょうか。
夢は大きく分けると、機械的な夢(メンタル・イメージの再生)
とアストラル界での体験の二種類に分けられます。アストラル界
とは私たちが普段生活している三次元の世界と平行して存在する
異次元の世界です。ここでは時間や空間(距離)には拘束されません。
肉体を離れたアストラル体は、このアストラル界で活動します。

機械的な夢(メンタル・イメージの再生)
これは、日常生活の繰り返しの夢です。
イメージの繰り返しですから、多くの場合、白黒で見ます。
この夢を見ている間、肉体から離れたアストラル体は四次元空間
をさまよっていますが、そのことには全く気付かない状態で、
既に経験した日常生活の繰り返しを見ています。たとえば、
昼間事務所で働いている人が、夜も夢の中で同じ仕事をしている、
といった夢です。他にも、日中、大変な恐怖や苦悩を味わったり、
あるいは重大な問題をかかえていたりすると、
夢の中でそれを繰り返す、ということもあります。
このように夢の中でまで苦悩を味わうと、何時間も眠ったのに精神的
には全然疲れがとれないということになります。ですから、
常に日中は朗らかに、明るく建設的な考えを持っていることが大切です。
そうすれば、多くの問題を避けることができるでしょう。
また、眠る前には落ち着いて静かに眠ることができるように、
リラックスする運動をしたり、呼吸法を実践するのも良いでしょう。

建設的な生活を送るテクニック
ここで一つ、簡単なキーをお教えします。私たちの肉体はエネルギー的には、
右側が電気的、左側が磁気的です。あるいは、右側がポジティブ、左側がネガティブ、
右側が能動的、左側が受動的です。ですから、右手で与えて左手で受け取るという
風に象徴されます。ですから、朝起きたときには、いつも右足から起きあがるようにします。
そして「今日も明るく、建設的に生きよう」と自分自身に言い聞かせます。
なぜなら、私たち自身が私たち自身のエネルギーをコントロールするものだからです。
ですから当然、ポジティブな方向付けをすることが可能なのです。
反対に、左足から起きあがると、全てが受け身になってしまい、周りの環境に流されてしまいます。

無意識的な夢
これは、アストラル界で実際に体験していながら、
意識のない(夢であることに気付かない)状態での夢です。
意識がないために自分の行動のコントロールができません。
ですから欲望の赴くままに行動してしまいます。
昼間満たされなかった欲望を夢の中で満たす
たとえば、子供が公園に連れて行かれて、アイスクリームが欲しかったけれども、
お母さんに買ってもらえなかったとします。そうすると、
その子供はどうしてもアイスクリームが欲しかったのですが、
買ってもらえなかったので、夜、肉体の外に出てアイスクリームを食べに行きます。
しかし、大人の場合はどうでしょうか。たとえば、
昼間本屋さんでポルノ雑誌を見たとします。そうすると夜はエロチックな夢を見ます。
性的な興奮はメンタルなものですから、当然起こります。このとき、
エロチックな夢に出てくる人物は、自分が作り出したメンタル・イメージであったり、
悪霊であったり、あるいは本当にその人物のアストラル体であったりします。
そして往々にして性エネルギーを消耗することにつながります。

--------------------------------------------------------------------------------

予知的な夢
これは夢の中で未来を見る夢です。アストラル界では
時間に拘束されませんから過去や未来の出来事を見ることができます。
予知的な夢を見ていながら忘れてしまい、後で実際に体験したときに、
「あっ、この場所は前に来たことがある」とか、「夢で見たことがある」
と気付くことがあります。これが、デジャ・ヴュ(既視感)といわれるものです。
(デジャ・ヴュというとき、夢だけでなく前世での体験であることもあります。)
上のような例では害はないでしょうけれども、たとえば、事故を起こし、
手術で足を切断しなければならないという夢を見ていながら忘れてしまい、
後に実際に事故を起こして手術を受けなければならなくなったとき、
手術台の上で「あっ、この場面は夢で見たことがあったのに!」と気付いても遅いのです。
もしも夢を覚えていたならば、事故を避けることができたかもしれません。
ですから、もっと夢に注意を払いましょう。いったいどれほどの人が、
夢の中で大変重要な体験をしていながら、それを忘れてしまっているでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------------

魂と霊の交信
これは魂からのメッセージの夢です。夢の間は物質である肉体の妨害がないので、
魂と霊の交信がさらに容易になります。たとえば、あなたが自分でも気付かずに
病気だったとします。そうするとあなたの魂は回復をするように、
治療をするように伝えたいと願います。しかし、全く知らない人の形であなたの夢の中に現れて、
「私はあなたの魂です」といっても、認めることはしないでしょう。
ですから、魂はあなたが最も信頼している人、たとえば母親とか、
奥さんとかあるいは主治医かも知れませんけれども、その人の形で現れて、
あなたに健康状態の忠告を与えます。
皆さんの中にも夢で何らかの忠告を受け、
実際に調べてみると夢で指摘された通りだったという経験をされた方もあるでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

意識的な夢(明晰夢)
これは夢を見ていながら「自分は今、夢の中にいる」という意識がある状態での夢です。
こういう夢は大変重要です。なぜなら、意識が目覚めている状態だからです。
この場合は、自分の行動をコントロールすることができます。
コントロールできる度合いは意識の覚醒度によります。
さて、この意識的な夢で注意していただきたいのは、「夢の中だから何をやってもいいんだ」
と自分の低俗な欲望にしたがって行動するのは良くないということです。
無意識的な状態ならまだしも、意識がある状態でそのような行動
をすることは精神的にさらに堕落することを意味します。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

スポンサーサイト