月別アーカイブ

 2012年08月 

精霊の想念 

霊界物語
精霊と呼吸および心臓の鼓動との間に内的交通なるものがある。
そは精霊の想念とは、呼吸と相通じ、その愛より来たる情動は、
心臓と通ずるゆゑである。肺臓の呼吸と心臓の鼓動とは、
人間の本体たる精霊そのものを繋ぐところの命脈であつて、
この二つの官能を破壊する時は、精霊は忽(たちま)ちおのれに帰り、
独立し復活し得るのである。かくて、肉体すなはち精霊の躯殻(くかく)は、
その精霊より分離されたがゆゑに、次第に冷却して、
つひに腐敗糜爛(びらん)するにいたるものである


精霊の想念は肺臓と起因しているものだが、

つまり、自己の想念と読んでも差しつかえないだろう。

例として、結核は症状として人格変化があると知られている。

ならば、煙草はとても有害ではないか。

男性の喫煙者は35%ぐらいだから、

100人中、35人の男性は人格障害ということになる(;^_^A

まあ、私から言ったら、煙草を毎日、

常習する人はアストラル体がまだ低い証拠である。


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ

スポンサーサイト