月別アーカイブ

 2013年11月 

チャクラについて 

性のチャクラ・・・・・・花弁の枚数四枚
仙骨のチャクラ・・・・・花弁の枚数六枚
丹田のチャクラ・・・・・花弁の枚数十枚
心臓のチャクラ・・・・・花弁の枚数十二枚
喉のチャクラ・・・・・・花弁の枚数十六枚
眉間のチャクラ・・・・・花弁の枚数二枚(九十六の様相)
王冠のチャクラ・・・・・花弁の枚数千枚

眉間のチャクラは、二枚の花弁に集中される
エネルギーを細分しているのだが、
これが、九十六の様相になる。
チャクラとは人間の精神活動で活性化し、
これが、七つのチャクラが完全に発達すると、
神の前に立つことができる。
ち☆な☆み☆に計算すると、
4+6+10+12+16+96*1000と・・・・・


ヨハネの黙示録第14章  [TOP]

なお、わたしが見ていると、見よ、小羊がシオンの山に立っていた。
また、十四万四千人の人人が小羊と共におりその額に小羊の名とその父の名とが書かれていた。
またわたしは、大水のとどろきのよう、
激しい雷鳴のような声が、天から出るのを聞いた。
わたしの聞いたその声は、琴をひく人が立琴をひく音のようでもあった。
彼らは、御座の前、四つの生き物と長老たちの前で、
新しい歌を歌った。この歌は、
地からあがなわれた十四万四千人のほかは、だれも学ぶことができなかった。

スポンサーサイト