自我 

自我が成長してくると、
そのものは、外側に対象を見出そうとする。
人は、自我が満たされないから、苦しむのであろう。
”私”というものが他者という存在が干渉して初めて、
”私”という自我を知るのであろう。
”私”とは誰だろう・・・・。
本当の自己は”内側”にあるものを知って、
私の”自己存在”を肯定できるのであろう。
”お前”はだれだ・・・・。
他人が怖いのか・・・。
誰かに拒否されるのか怖いのか・・・・。
怖いから・・・仮面をつけたままでいようというのか?
・・・・・いくつもの・・・・・
・・・仮面を被りながら・・・。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1002-55ab2195