ネットから抜粋しました。 その2 

和尚から私は離れた。
現行の和尚組織に欠点は山ほどある。

しかし、批判はしない。
あらゆるナンセンスが和尚にはあり、それを理解し乗り越えるのが成熟。
批判するということは全く理解していないということだ。
批判も肯定もなく和尚の全体を認識できないだろうか。
和尚はすべてについて語っており、さまざまな顔を持つ。
一つの顔を非難すると残りの顔が見えない。
そして和尚自身は何の顔もない。楽しく遊んでいるだけだ。
弟子たちとのナンセンスな答弁も相手が、身近な女性たちがそれを必要としており
それに答えているだけなのだ。

客観的な認識ができないのであれば、諸君らはその非難した和尚のサニヤシンたちと同レベルだということだ。
同レベルのイスラム教徒とキリスト教徒は互いを正反対の存在と思い相争う、
が周知の通りまったく同じ存在である。

残念だが君らが活用できるのは和尚だけだ。
マスター無しで現代人が道に迷わない可能性のあるのは和尚だけ。
それ以外のものは全て現代人がマスターなしで成長しうるようにもともと作られていない。

君らは意見で自分を守っている。
動揺から身を守り、
そして君らのあらゆる悲惨さが消えてしまうことからも
身を守っている。
もっと柔らかくなってごらん。
確かに非難するのは表面上は心地よい。が地獄も内包している。


223 :神も仏も名無しさん:2010/05/22(土) 14:32:16 ID:gnA+MSye
和尚は絶対にあなたが同意できないようなことを言っているだろう。
でも
ほぼ確実にあなたと同じ意見も言っている。
肯定的な方を探したらどうだろう。

サニヤシンは今自分に合った言葉を和尚から探す。
そしてしがみついてしまい結局悲惨なことになるのだけれど、それによって
その考え方と手を切って次の段階の言葉にしがみつける。
彼らは自分の段階にあった思想を現実的に強く実感することで、
毎日のワーク、技法をこなし続けることができる。

グルジェフの高度な思想を愛好すると、日々のワークがなおざりになりがち。
これでは成長の根を失ってしまう。
死ぬ気で全力で毎日ワークするにたる理由が今あなたにありますか?

和尚はすべての言葉を、言葉というシステム自体を馬鹿げていると言っている。
我々は言葉とはなにか、心とは何か知っているだろうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1015-f0835153