奉仕 

奉仕という言葉があるが、この意味が含むところは、
他者のために働くということだ。
たとえば、グルジェフは公演の中で、
踊り子が踊っているのを、呼び止め。
次のことを言っている。
「君は私のワークを台無しにした。
 君は私のためではなく、自分のために踊っている」
これは、自我を満たすためでなく、
他者にたいして、対象を見出すことを奉仕することである。
奉仕という言葉があるが、
ボランティアのことではなく、
その動機によるものである。
”自己を見据えろ”ということである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1019-c9a17193