怒りの変容 

怒りと寛容性はコインの表と裏のようだ。
怒りがあるから、敵と戦うことができ、
怒りを理解すると寛容性が高まってくる。
怒りを発散する者もいれば、怒りを抑圧するものもいる。
だが、どちらにせよ、変容はしない。
怒りを理解し、気づくことだ。
イラッとくるものは、頭からきているもので、
これらは、深呼吸し、沈めることが大切である。
なお、本当に”腹で怒り”が込めあがってくるものだけは怒ってもよい。
恐れもそうだ、恐れという性質を理解したならば、
勇気が生まれてくる。
このことがわかるならば、
怒りも恐怖もまた、自己の内部に変容が起きであろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1030-84cfe741