人は一人では生きてはいけない。 

人は一人では生きてはいけない。
だから、仲間を求めるのだ。
だが、他人である仲間を得られないものは、
物の仲間を求める。
所有したいという衝動は、独りではいられないということだ。
物で埋まっている屋敷がたびたび見うけられるが、
その主人は孤独なのであろう。
もし、自分自身の独りであることに気づくなら、
他人の苦しみにも気づくようになる。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1031-803c792e