トーマストハートマンの著書、グルジェフと共にで 

グルジェフで思い出した。
トーマストハートマンの著書、グルジェフと共にで
会話を許さなく、ジェスチャーのみで生活させるとゆうのがあった。
グルジェフの会話を許さないというやり方は、
言語化できないほうが、物事の知覚がそれまでとは比べもの
にならないほど明瞭になったり、自分の頭を通り過ぎるいろいろな
印象や雑念に対して客観的に敏感になってくるものだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1069-d9f1c6b7