寺院のベール 

世界大戦でできた長期間にわたる音によって、
寺院のベール(物質界とアストラル界を分けるエーテル物質できた網)
が引き裂かれたことで、
アストラルエネルギーが流入したことが原因が、
精神の病気や低位サイキック能力が誇示されるようになった。
おそらくだが、大半の霊能力者などは、
以上のことが原因で見についたものであり、
アストラルレベルの低位サイキック能力を
見につけて、自我が増大しているものが見受けられることが懸念される。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1073-08286c89