肉食がなぜ、食べたら悪いのか? 

肉食がなぜ、食べたら悪いのか?
動蛋白の中に、人間の血を汚す病因が含まれているからだ。血液の汚れは慢性病を招く。
その慢性病の代表格が、「ガン発症」と思われる。
また、男性の体が未発達の場合、
包茎現象がなるのだが、亀頭部に恥垢(ちこう)が溜まり、
性行為を行うと、女性は「子宮ガン」が発生する。
恥垢でも血液の汚れによる垢様の物質は、ガン発症に関連する多くの物質を含んでいる。だから、仏典では肉食(動蛋白)の摂取を戒律によって禁じているのである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1077-e7232e8a