優越感をもっていたいという自我の表れ 

相手を馬鹿にしたり、他人に説教して、
相手を責めれば、
相手の比較による安心感が得ることができる。
つまり、どこかしら優越感をもっていたいという自我の表れであり、
競争社会において、
低次の自我を
維持することで自己保存欲を満たそうとしているのだ。
また、親のスキンシップが充分でなかった場合には、
その飢えから暴力を通じて、
解決しようという傾向はある。
思考と感情が発達していないこともあげられるが、
これは特に男子に起きることだ。
また、暴力を受けた子供は、
攻撃性が強くなる、
反社会的行動に走る、
精神疾患を発症したりすることがあげられる

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1080-6da8a760