観る 

八正道における、正見(しょうけん)とは眉間で洞察しろとのことだが、
自己観察にしろ、まず、観るという訓練をしなければいけない。
バグワン・シュリ・ラジニーシが
地上に転生してきた目的は観るという方法を提示するためのものであろう。
観察する上で、
私という意識は肉体を自己としているか、
感情を自己としているか、
思考を自己としているか、
にあるのだが、
バグワン・シュリ・ラジニーシの呼吸を観るとか、
ゲオルギー・イヴァノヴィッチ・グルジェフのストップ・エクササイズは、
注意力を養うことで、眉間で観る訓練につながるのであろう。


20080223_333213.jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1092-137ef274