ヒトラーについて 

ヒトラーの背後にいたのは、仏教世界の霊集団。
彼らの計画では、ドイツを欧州を支配させ、
日本をアジアを支配させることであった。
調べればわかるが、東條英機は浄土真宗を深く信心しているし、
ヒトラーはチベットのラマ僧が関わっている。
だが、彼らの計画が進行していた場合、惑星規模の大惨事の規模があった。
シャンバラ大師がこの計画をブロックしなければ、
もしかしたら、人が住めないほどの惑星になっていたかもしれない。
ヒトラー予言は外れる。
あいつの霊的視力では、富士の仕組みが見えてない。

スポンサーサイト

コメント

はじめまして

飛鳥昭雄の漫画では今もヒトラーは生きてるみたいですが、いまだにその仏教集団は活動しているのですか?

Re: はじめまして

> 飛鳥昭雄の漫画では今もヒトラーは生きてるみたいですが、いまだにその仏教集団は活動しているのですか?

飛鳥昭雄は、なんらかの情報を得て漫画として書いてると思いますけど、
あまり信用していない。
まあ、生きていた線が強いみたいですけど。

仏教集団はうーん、どうだろう、よくわからん。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1109-344eb7f8