蘇我氏について 

蘇我氏というのはだれでも知っていると思うが、
蘇我氏が天皇家にたいして復讐手段として、
陰陽道十二干支呪殺をかけたのだが、
陰陽道でも最悪の部類に入る呪殺をしかけたのことだが・・・。

どうも、この呪いについて不可解で、
四大公害病や原爆症などは呪いの影響があるというとのこと。

この呪詛は、
日本全体に呪いの陣形がかかっているのだが、
災難、不幸、不運を及ぼし、
長い長い時間をかけて意図的に自然現象のように、
苦しみをあわすような類であろう。

今世紀、最も効果が発揮するらしい。
蘇我家が陰陽道十二干支呪殺をかけたとき、
日本神界で、霊視した巫女から、この呪いの呪詛返しを進言した。
しかし、そのときだが、日月の神は呪詛返しをしてはならぬと発言した。
このときだが、古代天皇霊含めて、日月の神とひと悶着があったようである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1124-32092d41