精神感応 

5次元層(メンタル領域)では、テレパシー(精神感応)で活動することになるだろうが、
テレパシーとは、携帯電話とは違う。
テレパシーの段階にもよるが、メンタル体のテレパシーは相手の心がわかるのだ。
さとりという妖怪がいるが、現在の人類では、テレパシーのやりとりする世界は苦痛である。
嘘、悪意、敵意、憎悪、欲望・・・・etcをすべてわかる。
アストラル領域でも、オーラが見えるので、ある程度わかる。
怒り、悲しみ、喜びの色。

徐々に、ゆるやかだが物質性が薄くなっていくと、テレパシーを身につくやつもいる。

スポンサーサイト

コメント

納得です

初めまして。

精神について浮かんでは消えてを繰り返していました。

自分の状態を言葉で定義するのを躊躇していたところがあったのですが、小林さんの記事を読んで気付かせていただきました。
有り難うございます。

テレパシー経験はあり、恐れもあったために混乱がおきたのですが…、小林さんの仰る通り、色々と難しいです。
事故っちゃったかなといった感じもありますが。

「さとりの妖怪」って、上手いこといいますね。
どちらの意味にもとれて、ちょっと意味深。

出先から書いているもので、取り敢えず。

Re: 納得です

> 初めまして。
>
> 精神について浮かんでは消えてを繰り返していました。
>
> 自分の状態を言葉で定義するのを躊躇していたところがあったのですが、小林さんの記事を読んで気付かせていただきました。
> 有り難うございます。
>
> テレパシー経験はあり、恐れもあったために混乱がおきたのですが…、小林さんの仰る通り、色々と難しいです。
> 事故っちゃったかなといった感じもありますが。
>
> 「さとりの妖怪」って、上手いこといいますね。
> どちらの意味にもとれて、ちょっと意味深。
>
> 出先から書いているもので、取り敢えず。

私もテレパシーと思える現象が一度だけだけど、使用できました。
使用というか、偶然だけどテレパシー現象が発生した経験があります。
このことを今の人類に話すのを避けてましたけど。
”今”はあまり訓練しないほうがいいし、なるべく使わないほうが良いです。
*訓練の仕方しらないですけど
たぶん、人嫌いになるかもしれません。

いろいろと

そうでしたか。
私もテレパシーは偶然でした。

その後も長い間、自分しかいないのではないかという思いに囚われていました。
小林さんや私がそのような体験をしているなら、多くの人の間で起きていたのかも。

人間嫌いにはなりましたけど、ある期間って感じです。
自分を錯覚していたのでしょう。

確かに、言えないことも言わない方がいいこともありますね・・・。
わからないことも多いですが、ハマりこまないのが良さそうな気もします。

Re: 名前間違っています(´ー`A;) アセアセ

小林ではないです。
小川です(汗)。
言えないことも言わない方がいいこともありますねという部分ですが、
5次元世界では隠し事ができない世界になると予測されます。
すべての人類にメンタル体のテレパシー能力が付加されると思われますが、
いわゆる人類が妖怪のさとりになる世界です。
またサトラレという漫画、映画がありますが、
現在の人類では、テレパシーのやりとりする世界は苦痛である、
といった部分につながります。
もし、テレパシーのことに興味があるなら、
アリス・ベイリーの著書、
テレパシーとエーテル体が詳しく述べられてます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1128-9ea68f5a