カインとアベル 

カインとアベルの話をしよう。
はじめに生まれた子は良い子だった。
次に生まれた子は悪い子だった。
はじめに生まれた子・カインは弟であるアベルを悪いやつだとののしった。
カインも悪い子となった。
兄カインは呪われ、地上を彷徨い、
さすらう者として一生を終えることを告げることとなった。
これ、地球創設の仕組みなり。
審判終わり、やがて、宇宙に元に戻す仕組みなり。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1170-244baae2