天使のこと 

ひつきの神は、天皇霊だが、天皇霊とは、民族霊(大天使)のことであろう。
天使が守護霊。
権天使が文化期を形成する存在・・・ミカエルなどの霊的存在。
形態霊がロゴス・・・うしとらの金神がここに属する。


  「愛の神霊達」=熾(し)天使(セラフィム、セラビム)=精神的思い(自己)の流出
  「調和の神霊達」=智天使(ケルビム)=精神的生命の流出
  「意志の神霊達」=座天使(トローネ)=身体の原基の流出

  「叡智の神霊達」=主天使(キュリオテテス)    =エーテル体の形成
  「動きの神霊達」=力天使(デュナメイス・デュナミス)=アストラル体の形成
  「形態の神霊達」=能天使(エクスシアイ)    =個我の形成

  「人格の神霊達」=権天使(アルカイ)=時代精神(文化期)
  「炎の神霊達」=大天使(アルヒアンゲロイ)=民族
  「黎明(れいめい)の神霊達」=守護天使(アンゲロイ)=個人

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1174-5a723a7c