この国にいたら 

この国にいたら、私が私でなくなる。
私が存在しなくなる。
第二の自己が語りかけてくる。
私は私でありたいのだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1198-5d7e72a1