死後起きる、走馬灯の真実 

人は死ぬ時に、自分の人生をパノラマで観ると言われている。
死者の頭上にスクリーンが現れ、生まれた時から死ぬ瞬間までの行動が、
細大漏らさずに再現されるという。
本人が忘れてしまった出来事や、気づかずに過ごしたことでも確実に再現され、
自分の本性がむき出しになり、何もかも一切がっさい隠す事が出来ない。
しかも、映像が映し出されるだけではなく、その時の想念も再現されるので、
嬉しかった事も辛かった事も人生を追体験する事になる。
また、願望のような想念も克明に映し出されるという。
更に、相手の感情・想念なども全て分かってしまうので、
人を騙したり傷つけたりした事が多い人ほど苦しむ事になる。
CA338459-thumbnail2.jpg

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/12-0db7e958