のろいについて 

蘇我氏が天皇家に復讐として、陰陽道十二支呪殺・申の呪いをかけたのだが、
申(さる、しん)は十二支のひとつ。通常十二支の中で第9番目に数えられる。
9は苦しいを連想できることから、じわじわ苦しめるという意味でつけられたのだろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1201-3167eb10