伊豆能売の御魂 

伊豆能売の御魂の変性女子が源義経ではないかというのは、
予想しているんだが・・・・、
それなりに理由がある。

1・変性女子の前世が王様だろいうこと→チンギス・カン(モンゴル帝国の初代皇帝)。
2・『義経記』では父義朝の最期の地でもある尾張国にて元服している
「みのおわり国から出る誠の女子は」神界でも秘中の秘とされている
3・出口王仁三郎によると、片方で救世主は「源日出雄」だとして蒙古に渡られました
4・源家のある人物がスサノオ(フツシ)が転生している

変性女子・・・妾作ったらだめだろう・・色情因縁。
政治、権力に関わると側室を周りが推薦してくるからやっかいなんだよな・・・。

理想のヒモ生活を読むと意味がわかる
シャンバラ大師でも離婚とかの男女関係の色情因縁持っているだよな・・・。
イエスキリストとかも離婚経験あるし、ルドルフシュタイナーも離婚経験あるしな・・・。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1209-fd1ccbf3