伊都能売の身魂2 

大本教は、キリスト教の二度目の同じパターンの宗教である。

新約聖書→霊界物語
パウロ→出口
天なる父(キリスト)→丑寅の金神

スサノオ(ひつじざる=世界主)を救世神として、
霊界物語で書かれているだが、
やがて、伊都能売の身魂に乗り移るだろう。

伊都能売の身魂はナザレのイエスと同じように活動し、
人々は、キリスト衝動を感じるであろう。

キリスト衝動の活動とは、
ブッタやバグワンのよう世界教師としての意味での活動ではない。
天なる父(キリスト)を感覚的に感じるのだ。

彼は、人ではない、別の存在の霊的衝動を・・・・・・・。
人々は彼から、神々しさを感じるであろう。

スポンサーサイト

コメント

どうも、初めまして
霊的世界をより深く知るために、参考になる情報を紹介します

宇宙人が地球にやってきた本当の目的
http://kamikotokai.com/000/
http://pirorinu2015.blog.fc2.com
http://ameblo.jp/shinreikenkyu/entrylist-1-4.html

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1227-0b6c8dc5