イマジーネション認識 

イマジーネション認識とは、ヨーガでは、イメージする瞑想で、訓練するのだろうが、
キリスト教では、新約聖書に沈殿する方法。
しかし、チャクラが発達してないため、霊視を得ることができない。
現在で、霊視を得ているものは、寺院のベールで、
壊れかけたアストラル界のエネルギーが影響し、霊界の境域で得たものである。
霊聴現象で苦しんでいるものは、このパターンが多いため、気狂いが多い。
正当な形式で霊能力を得てないものは、傲慢などといったものが増徴され、
精神病院行きと確定するだろう。
いわゆる、根の国、底の国行き。
シュタイナーは、バラ十時を推奨したが、
私は、キリスト型瞑想法が現在の人類に一番適していると思う。
新約聖書の沈殿、霊界物語の沈殿、jk大師の瞑想法。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1233-e1f7342c