わかった 

ルドルフシュタイナーの言う、
イマジネーション認識と
インスピレーション認識が。
イマジネーション認識は、エーテル界に存在する形象を得る認識であり、
インスピレーション認識は、内なる声と呼ばれるものであり、
霊的存在からの霊聴というよりは、
霊的存在(正守護神)からのテレパシーを認識するという表現が正しいか。
その現象を内なる声と認識してしまい、自己によるものだと語弊してしまう。
真我と正守護神のインスピレーション認識の違いを正しく認識しなければいけない。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1251-5506d200