瞑想を推奨しているもの 

私はグルジェフの思想を基盤としているのだが、
自己想起は役にたつ。
役に立つが・・・・・現在の人類に覚醒者になるかといわれたら、疑問である。
なぜならば、過酷な環境のみが瞑想が役に立つからだ。
だが、多くの瞑想家が一般的な禅寺の坊さんのようなことで、
禅的な思想で瞑想を広げている。
はっきりいって、たんなる自己満足でおわるだろう。
グルジェフみたいな導師のみが覚醒者へと導く。
だが、通常、人類とは過酷な環境に耐え切れない。
ゆえに私は、彼らのことをこう呼ぶ。


57fbe1c0ae5cbb5af9979e2173d095dee1bef8e8_62_2_9_2.jpg

有象無象の大衆

大衆には大衆としての人生を歩んできたほうがいのだろう。

アーリオーンは次のことを言っている。
超越者への道は危険だ。
一般的な幸福を捨てる自信のない者は、
この道に近づかないほうが良いだろう。
少し学んで途中で引き返すのは悲劇だ。
その人は先に残してしまった自分の可能性の亡霊に取り付かれてしまうからだ。

安易に超人への道を説く書籍は多いが、気をつけなくてはならない。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1253-dfea8d4d