シュタイナーの秘儀について 


シュタイナーの秘儀は、キリスト教が基盤となっている。
日本人は、基本的に仏教であるからにして、
シュタイナーの秘儀はあまり意味がないと思われる。
仮に、キリスト教だとしても、現代人には、難しいと思われる。
知性が発達してない昔ならいざ知らず、
現代人は、秘儀参入無理があると思われる。


これは、私の直感だけどね

グルジェフのパークドルク義務を推奨する。
その前提で、シュタイナーは役に立つ。
苦悩を伴う著書が良い。
自由の哲学よりは、アリスベイリーか霊界物語(拝読必須)。
拝読というのは、かなり苦悩を強いられる。
霊界物語は、そういう前提である。


かの魔導師ニギハヤヒ大王がかかわっているはずだ。
火水伝文もそういう作りだ。
グルジェフの著書を読んでいて、ピーンときた。


nigihayahinomikoto.jpg

超人思想に興味がある人は、ニギハヤヒレーザーにひっかかるかもしれない。span>

まあ・・ふさわしい人物のみ、仕掛けって来るのだけどね・・。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1254-71a97fcf