講和と忍耐 

講和は、基本的に講和という形のほうが望ましい。
その当時の時代、人種、によって話をしている。
バグワン、釈迦、も相手によって、変わってくる。
基本的に書物化は望ましくない。
バグワンの講和が全部、優れているわけではない。
書物は書物という形態は、
最初から考えて作り上げるものだからだ。
シュタイナーのヨハネ福音書のあとかぎあたりに、
同じようなことを述べていたはず。
ラマナ、バグワン、グルジェフを第二の自己を開花させるようにしている。
だが、現在の進化段階では、まだ難しいであろう。
基本的に、丹田がしっかりしていない。
人類に、意図的苦悩という経験がたりない。
すぐ、愚痴をはいたり、ブツブツ言う。
人間は、おそるべく怠惰である。
パーシクドル義務を遂行することにより、アストラル体が進化し、
マナス体まで移行する。

忍耐力がない

今までの人生で、苦難を避けて人だよりしているからこうなる。
アストラル圏内から脱出できないのは、


人生経験が足りん

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1273-f4d7a423