超感覚的能力 

私は、霊能力という表現より、超感覚的能力と表現のほうが望ましい。
超感覚的能力だが、エーテル、アストラル、メンタル能力を識別できてない。
まあ、当たり前だが、超感覚的能力をもっていても、どの身体のが判断できてない。

エーテルは、プラーナ
アストラルは、アストラル界
メンタルは、精神感応、幾何学的

イマジネーション認識はエーテル体だが、対象物から発するアストラルの反射であるエーテルと思われる。

インスピーレション認識は、高次アストラル圏内に云った時、霊的な音楽が聞こえる。
このことは、スウェーデンボルク、出口などが表現している。

インテュネーショイン認識は、メンタル体による能力だと思われる。
精神感応、幾何学的の体験は現在の人類では、超感覚的能力者は少ない。

妖精、アガルタといったエーテル認識は、インテュネーショイン認識だろう。
メンタル性質をもったエーテル認識なのだろう。

余談だが、空海の修行法は、インテュネーショイン認識による瞑想なのだろう。
曼荼羅は、幾何学的を利用した画像認識なのだと思われる。


Kobo_Daishi_(Taisanji_Matsuyama).jpg

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1275-5b80c286