修行体系 

修行体系には、いろいろあるが、
ひとつの道を知ると、
なにかしら進めたがるようになる。
まあ、たんなる自我の拡大にすぎないのだが。
法然も、おそらく、イマジネーション認識の類を得ていたのだろう。
そうでないと、弟子がついていくということはないのだろう。
なにかしら、人をひきつける要素はあったはずだ。
特別、新しい修行法でもなかろう。
南無阿弥陀仏という念仏は、
ようは、イメージ的な技法であろう。
あまり、私は推奨はしないが。
マントラは眠りを誘う。
私は意識化する技法のほうを好む。
また、今度、書く。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1278-8c20a744