てんしさま 

伊都能売の身魂に、
メルキゼデク王(てんしさま)に憑依して、
五十九の魂が集結する。

メルキゼデク(ヘブライ語: מלכי-צדק )とは旧約聖書の登場人物で、
『創世記』(14:18)にて「いと高き神の祭司」、並びに「サレムの王」として紹介されている。

霊界物語を読んでいたら、日月の神がモーゼであることはわかるはず。
旧約聖書つながりで、てんしさまは皇帝陛下のことだが、サレムの王という意味で、
類似することで、そのものが王と暗示したかったのだろう。









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1305-d09df7a4