色情因縁 

色情因縁は、やがて肺病とらい病になる。
不倫、性風俗は、やがて病魔によって苦しむことになるだろう。
この国の人間は本当にこういうのが多い。
出口王仁三郎は、
肺病になま葱が効能あることはかつて話しておいたが、
それには一つの条件が伴ふので、その条件と云ふのは男女の交はりを断つ事である。

まあ・・・・私のような人間は、完璧な男は、色情因縁を持っていないと思われるが、
ほかのみなさんは、どうだろう。
たいていの男の6割は性風俗の経験があると推定される。
もしくは、女性は不倫や愛人の関係の経験があるのではないだろうか?


ほとんどのやつは独身に耐え切れない

今世紀は、現在の男女は複数関係しているから、独身(男女の交はりを断つ)のほうがいいかもしれない。
基本的に性行為は、童貞と処女の関係が望ましい。
有象無象の雑種と関係をしないほうがいい。
私はこう思っている。
人は生まれたときから種が違うと。
雑種は雑種。
人は平等ではない。


差別してなにが問題でも?

私は、どちらかというと、言葉を美しく言う類の善人ではない。
どこかしら冷酷な部分が私の一部にある。
指導者はある程度、冷酷な部分のほうが成功しやすいといわれている。
おそらく、前世に関係していると思われるが。
基本的に人類が善だらけなら、善の指導者が望ましい。
だが、人類が悪(獣)ならば、悪(冷酷)にならないといけない。
善人だけいたければ、世捨て人になれば良い。
もしくは、普通の平民か。

出口王仁三郎の前世は織田信長。
伊都能売の身魂の前世はチンギスハーンかもしれない・・・・。

本来、善だけの存在というのはいない。
善も悪もたんなる概念や見方によって違ってくるのだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1308-0c0e4afc