優秀な個 

人間はなかなか変わらない。
優秀な個が輩出されても、除外される。
なぜならば、大衆とは、馬鹿であるからであるからだ。
そして、どんな優れた個でも、自分自身の子供は大丈夫だろうと自惚れる。
出口王仁三郎の子供、黒田官兵衛の孫。
結局の所、貴族社会や、資本主義だろうが、親としての甘えが発生する。

現在の人類の進化段階では、優秀な個は、輩出されない。
ならば、苦悩を付きまとう人生を合わせることで、自我を鍛えるしかない。
結局のところ、大衆というのは、甘えが派生する。

ぬるま湯を好むのだ。

優秀な個を作るには・・・・?
過酷な環境である。

獅子は我が子を千尋の谷に落とす

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1321-86e3c45c