人類はなにも進化などしてない。 

人類はなにも進化などしてない。
この世界には、上、中、下の御魂が存在する。
雑種は、雑種。
雑種は怠惰で傲慢になる。
輪廻転生自体に、問題があるのだ。
人口は制限するべきである。
だが、有象無象の大衆はポコポコ、子供を産みたがる。
君主制度、貴族制度、民主制度もアリストテレスは腐敗が蔓延るといっている。
腐敗が蔓延るのはいつの時代でも変わらん。
では、どうしたらいいのか?
必要なのは、宗教家でも救世主でもない。

一部の特別な人間による指導だ。

美辞麗句を言う人間は虫唾が走る。
偽善は悪のひとつである。


一時的なものとはいえ、
暴力ほど効率のいい指導はこの世に存在しないぞ

何も難しいことはない。言っても聞かない子供は、
殴るしかないという乱暴な理屈を実践しているだけだ。


暴力とは相手を殴るだけとは限らんぞ、苦しみを与えるということだ。
まだ、足りんか?
金に苦しみ、争い続けさせる、イシヤの目的が?


だから、お前たちは馬鹿だというのだ~

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1328-2aecaabd