インスピレーション認識 

インスピレーション認識とは、ピュタゴラスに言う、天球の音楽である。

古代ギリシャより、天体の運行が音を発し、宇宙全体が和声を奏でているという発想があり、
これが「天球の音楽」と呼ばれた。その響きはきわめて大きいが、
つねに鳴り続けているため人間の耳には気づかれないとされる。
こうした発想の根底には宇宙が数の原理に基づき、
音楽はこの原理を体現するという西洋の伝統的思想がある。
天球の音楽を着想したのはピタゴラスとされる。


霊界参入者で、音楽が聞こえるとは、インスピレーション認識のことである。
出口王三郎氏が霊界物語でこのことを記入している。


ヨハネの黙示録においてのラッパとは、インスピレーション認識のことを書いている。
七つのラッパを持っている七人の御使が、それを吹く用意をした。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1342-ab6a9cbc