元米陸軍情報将校が解明した真相-原爆と秘密結社から

日本の原爆開発計画の主要部分がソ連邦の手に渡るようにと、
先ずは 38 度線に沿って朝鮮が分 断され、
その後 1953 年には軍事境界線としてそれが固定されたのである。』

ふーん、たまたま抜粋記事を読んだが、日本に原爆が落ちたのはある意味カルマ的なことかもね。
ソ連に渡ったら、世界そのものが原爆にあう可能性はあったかもね。
日本のイシヤの拠点も、長崎と広島にあったから、
彼らの計画を崩す意味や、
日本人が大量に人殺しの加担するカルマ浴びないように
ある意味では、原爆そのものはしょうがない点はある。

JK大師の言う、日本人の形態内の魂の解放という↑の点にあるかもしれない。

共同体のカルマがあるように、
善人とか関係なしに戦争で苦しむことは受け入れることはなかなか大変だろうけどね。
広島だけ?、たしか軍事工場があったはず、
どちらにしろ、原爆か、爆弾で死んたはず。

まあ、多くのものが自分に負のカルマがないと思っているようだが・・・・。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1368-190cb03d