紐解き 

地底都市テロスと地底都市アガルタを拠点として、
霊界物語が書かれているように、
ウラル教やバラモン教を宗教として広めたり、
また、現在の学歴社会、科学文明を広めたりした。

霊界物語
うしとらの金神→シャンバラ
大自在天神→地底都市テロス
盤古大神→地底都市アガルタ

石屋の仕組みにかかりて、まだ目覚めん臣民ばかり。
日本精神と申して仏教の精神や基督教の精神ばかりぞ。
今度は神があるかないかを、ハッキリと神力見せて、石屋も改心さすのぞ


宗教や科学は、悪神が広めた。
火水伝文の「あやま知」仕掛けた者どもという意味もわかってきたかな。


このワケ、縁ある者に伝え置く。と書かれているが・・・、
火水伝文から真夜中の太陽を感じた。
どうやら、私だけだったみたいだね、あの神々しい波動を感じたのは。
パウロが体験した、キリスト衝動というやつだろう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1370-9009dda1