シュタイナーの言う、瞑想とは思考を思索を通して獲得することで、
初めて精神に定着することを述べている。
神秘学機論を思索することで、
その内容をわかることがマナス体まで進化することにつながる。
自由の哲学を推奨しているのは、思索によるものであるからである。
超感覚的認識を得るには、
マナス、第二の自己を得ることが始まりとなる。
知性が害となるのは書物から得られる知識であって、
機械的人間による人間集団である。
霊界参入に上ることがふさわしくない人物は、
境域の守護霊に妨害を受けることになる。
ヨーガ的修行によるものか、
感情による内的沈殿のよるキリスト的修行ものか、
神秘学機論による薔薇十字的修行の三つが存在している。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1377-353220f2