神は言葉なり 

神は言葉なり

「人民が正しく言葉すれば霊も同時に言霊するぞ、神も応え給ふのであるぞ」

「神の現はれであるぞ、言葉は神を讃えるものぞ、
マコトを伝えるものぞ、ともに鳴り、ともに栄えるものぞ」

「神は言葉ぞ、言葉とは誠ぞ、息吹ぞ、言葉で天地濁るぞ、言葉で天地澄むぞ、
戦なくなるぞ、神国になるぞ、言葉ほど結構な恐いものないぞ」

国が乱れたとき、まず言葉を正せ。

今の人民、えらい曇っていることがわかりたか。

木花咲耶姫様からの神示
人よ。浄化の時きたる。
一点の曇りも無い者おらぬ。皆々浄化されよ。
今まで生きた上でひとつひとつ思い起こせよ。
人を傷つけた事はなきか。悪き言葉を発した事はないか。
ひとつひとつ思い起こせよ。
罪ある者を作るは人なり。
悪しき言葉、悪しき波動を浴びせられし者、罪を犯す。
一つの罪は個人の罪と思われるな。
そのような罪人つくりしは全て人ぞ。
今世間にある罪、皆で作りし事気づかれよ。
気づけば言霊正せよ。
よき言霊発せれば、世界が良くなる。日本が良くなる。
良き波動、よき言霊を今取り戻せよ。


ひふみ神示第27巻春の巻・第十七帖
「アイウエオからアオウエイの世にうつって来るぞ。
 アオウエイの世が天国ぢゃ。用意はよいか」


評価していただけるなら拍手の方をお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/141-4183e1ee