肉食について 

私も、なるべく避けていたが、いちいち、説明しても、理解するどころか、
うるさいので多少食べていたが。たまに”餃子”と”鶏肉”ぐらい。
また、酒の席で、肉食を避けるというのはなかなか難しい。
食べて、悪いことはないのだが、
ただ、肉食は自己のアストラル体にその動物のアストラル体が付着する。
鶏のアストラル体(感情)は、鶏の性格(感情)というのは、
臆病で攻撃的な性格であるから、攻撃的になりやすい。
ブタのアストラル体はイノシシの血を受け継ぎ、気性が荒いといわれます。
精神科学で、よく、肉食すると、自制心が効きにくくなると
言われているのはそのためである。
豚は豚のようになり、
牛は牛のようになる。


食物、 食べ過ぎるから病になるのぢゃ。不運となるのぢゃ。
腹十分食べてはこぼれる、運 はつまってひらけん。この判りきったこと、
何故に判らんのぢゃ。ツキモノがたらふく食べていることに気づかんのか。
食物節すればツキモノ改心するぞ。先ず 百日めあてに、
百日過ぎたら一年、三年つづけたら開運間違いなし。病もなくなってうれしうれしとなるぞ

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1411-ec898308