結婚と恋愛について 

恋愛そのものは、学生時代からするものだし、
社会に出てからだと、知り合いを通じてというのもある。
単純に、好きだから付き合う以前に、
外見が好みとか、社会的地位があるとか理由でも付き合う。
好きなんて、気持ちは、”のぼせによる錯覚”である。
実際に、恋人が欲しいとか、情欲としての理由を
相手を好きという言葉で定義をしているのだろう。
本当に愛しているまで至るのは、そうそうなかなか、いないだろう。
一番、男女が付き合う方法としてお見合いがいいだろう。
しかし、高額なお金がかかる。
たとえ、お見合いをしても、付き合えるとは限らないのだ。
それに、付き合ったとしても、男女間の恋は寂れるかもしれない。
別に、情欲として付き合って、
お互いに嫌だから、別れたでもいいと思う。
どうせ、恋愛なんてそんなもんよ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1412-8383100d