悪の道4 

”よくいるんだ”、善人の性質の人間は悪の道を避けて人間が
調和していけれると思っているんだ。
彼らは、独りよがりでまるで関わろうとしない。
そのくせ、救世主なんてのものを求めたがる。
優秀では、あるけど、ただ、善人の性質の人間なのだ。
善だけで、橋が渡れると思っているのが。
だから、悪の道を示すのだ。
人殺しも、盗人も、人を利用することも。
悪には、悪としての世界はあるのだ。
善として、生きていくとき、
痛感してくるだろう、君たちの脆弱性を。
悪というのは、悪を理解する心が必要なのだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1413-c2d206a6