パーソナルスペース 

人は、パーソナルスペースを侵されると不愉快感を表そうとする。
それが、不愉快感を表すとき、除外を始める。
ネット上でも、空間的縄張り(パーソナルスペース)が存在している。
悦、不悦で判断し、不悦なら批判し、パーソナルスペースから除外される。
私(縄張り)のだと主張することなのだろうが、
縄張り意識が強いということである。
リンクを張ったり、妄想癖のあるコメントを削除したくなる御方は、
縄張り意識の為であると思われる。
思考を指定するとは、
意図的にそのときに置かれている状況を置くことで、
パーソナルスペースの思考を誘導することで、
他人を支配する(操る)ことである。
人は、意図的にしろ、無意志的にしろ、
パーソナルスペースの思考を相手の反応を見るように、、
言葉や態度であらかじめ、望むように支配下を置くようにする。
ただ、善悪の判断を二極化でしないようにし、
言葉や態度に自己同一化をしないことで、
人は、支配を逃れることができるようになる。
だが、パーソナルスペースにおける思考は、
自我の拡大における、つまり、縄張りの拡張性そのものは、
悪におけるものでも、自己の思考で判断することはない。
なぜならば、自分自身を客観的に見ることがないものに、
良心の呵責や、絶対的に価値観を相対的に正しく見ることができないからだ。
ある異常な精神的要因を強固に形成されてきている人類を、
人間全般に見られる癒しがたい固有性の原因は、
読んだり聞いたりすることで得られる様々な印象は、
思考器官は、機械的に認識することが結晶化している。
そのため、自動的な反射運動の操り人形にならないように、
外的な出来事の記述の中に、ある教材を置くこで、
ある一部の調和的発達した人類に、
把握能力が蓄積していくプロセスを多少なりとも確立したならば、
客観的理性を認識を得ることであろう。
客観的善を維持する上で、人間の全体存在を、
内なる世界と呼ばれるものを確立をすることこそが認識を得るのである。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://seisinnnoyakata.blog102.fc2.com/tb.php/1414-a31fe54a